懸賞のエントリーから結果まで報告


by lbw2dn74gz

<4歳衰弱死>保護責任者遺棄容疑で両親逮捕 埼玉(毎日新聞)

 埼玉県警蕨署は4日、次男(当時4歳)が歩けないほど衰弱しているのに放置したとして、同県蕨市中央6の無職、新藤正美容疑者(47)と妻の早苗容疑者(37)を保護責任者遺棄容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、07年11月ごろから08年2月11日ごろまでの間、次男の力人君を入浴させなかったり必要な栄養を与えず、やせ細って歩けないほど衰弱していたのに、医師の治療を受けさせず、放置したとしている。

 08年2月11日、正美容疑者が「子供がぐったりしている」と119番通報し、力人君は搬送先の病院で死亡が確認された。死因は急性脳症で、体重は約10キロ、身長94センチだった。顔や両足には打撲の跡があった。両容疑者は「(力人君の)面倒をみていたし、食事も与えていた」と供述しているという。同署によると、力人君は保育園に籍があったが、通園したことは一度もなかったという。容疑者夫婦には他に長男(10)がいる。

【関連ニュース】
5歳児餓死:「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述
虐待:食事与えず5歳児餓死、体重6キロ、父母逮捕 奈良
麻薬譲渡:「押尾被告は罪を償って」友人が起訴内容認める
押尾学被告:女性死亡で無罪主張の方針 弁護人が会見
押尾学容疑者:保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に

日本航空 再生へ決意 痛み受け止め「離陸」(毎日新聞)
橋下知事、朝鮮学校視察へ 無償化めぐり授業実態検証(産経新聞)
消費者物価1.3%下落=11カ月連続マイナス−1月(時事通信)
日本IBMを強制調査 システム会社粉飾関連で監視委(産経新聞)
<入れ歯安定剤>自主回収 健康被害の恐れ(毎日新聞)
[PR]
by lbw2dn74gz | 2010-03-08 20:10